藻琴峠からの雲海

先日早朝から藻琴峠まで足を伸ばしました。
AM3:30に起きて出発☆
4:30ごろ現地に着くと、あたりはまだ真っ暗。
星がきれいだったので先ずは星空撮影からスタートしました(^^)

w01-2392.jpg

後で知ったのですがこの日は流れ星が良く見える日だったようで、もっと早い時間に行けばよかったと後悔しましたが、知らなかったので仕方がないですね(笑)

w01-2394.jpg

w01-2395.jpg

最後の星空はバルブ撮影で!ノイズリダクションにかかる時間を考えて朝焼けが始まるであろう時間も考えて5:00ぐらいから30分の露光で撮影する予定でしたが20分ぐらいで星が見えなくなってきたので早めに切り上げました。

止め時を誤って星が少なくなってしました(笑)

w01-2400.jpg

そんな訳で場所を替えてハイランド小清水へ(^^)
朝焼けの空と斜里岳☆
前景を明るくするためにハーフND8を装着して撮影しました。
最後の太陽のカットとその上の青空のカット以外付けっぱなしです。

w01-2403.jpg

朝日に染まる雲もキレイでした。

w01-2408.jpg

この日は雲海が見事ででした!
美幌峠からの撮影の方が良かったかもしれません(^^)

湖が凍るまでは撮影チャンスもあると思うので次回の楽しみにしておきます。

w01-2409.jpg

w01-2411.jpg

w01-2441.jpg

w01-2439.jpg

w01-2417.jpg

次回はもっと早く行って星空を満喫するところからはじめたいです(笑)

深まる秋

日々気温も下がり内陸の方では早朝に霜が下りている事も珍しくなくなってきました。
最近撮った秋の風景です。

w01-2081.jpg

落葉松の林。
この木が裸になるとイヨイヨ冬ですかね~(^^)

w01-2116.jpg

w01-2122.jpg

森の木々の葉も朽ち葉色となり、一風吹けば飛んでしまいそうです。

w01-1876.jpg

網走湖での一コマ、もう二ヶ月もすると凍って雪が積もってるんでしょうね~(^^)
考えただけでも寒いです。
でも、冬は待った無しでやってくる。

そろそろタイヤ交換しなきゃな~☆

鴻之舞

先日遠軽方面に行った時に鴻之舞(コウノマイ)の方もまわって来ました(^^)
鴻之舞は大正4年の発見から昭和48年の閉山まで年々規模を増した金鉱山で働く人たちとそのご家族の集落でした。
鉱山で働く人が増えると学校の先生や各種施設などで働く人たちなど1万人以上の人が暮らしたそうです。

昭和48年に閉山になり、住む人も無く廃墟となった現在、集落や鉱山の跡地は鴻之舞にゆかりのある有志達により管理されています。

w01-1472.jpg

遠軽側から行くと林の中に廃墟となったアパートが見えてきた。

w01-1473.jpg

基本的に安全や跡地保護の観点から立ち入り禁止なので、道路から見える場所を撮影しながら移動(^^)

w01-1483_2013110409310929e.jpg

立派な慰霊碑

w01-1487.jpg

w01-1510.jpg

かつて鉱石などは険しい山の中をトロッコで運搬されたんだそうです。

w01-1516.jpg

w01-1527.jpg

古びたサイロ。
鉱山とは直接関係ないが高山があることで成り立つビジネスもあったんでしょうね(^^)

w01-1614.jpg

しばらく走ると民家のような建物が見えます。
ここでは鴻之舞の歴史資料等を展示していて、跡地や施設の管理運営をする有志達が常駐しています。
年間5000人ほどが訪れるそうで、ここでは鴻之舞の歴史や人物の事を説明していただけます。

予約が必要ですが立ち入り禁止の跡地も案内していただけるようです(^^)

---------------------------------------------------------
お問い合わせ:一般社団法人紋別観光協会
〒094-0005 北海道紋別市幸町5丁目24-1
TEL:0158-24-3900

紋別観光協会ブログの鴻之舞に関する記事
http://monkan.tabilog-hokkaido.jp/article/0032977.html
--------------------------------------------------------

お子さんが飽きないように外には遊具も設置され落ち着いて見学できるようになっています。

遠軽方面から来るとルートの一番奥で紋別側から来ると一番手前にあります。

w01-1613.jpg

この看板が目印です。

w01-1588.jpg

当時はかなり栄えたそうです☆

w01-1593.jpg

写真中央の光風殿という建物は現在紋別市に移築されています。

w01-1591.jpg

当時の地形などを再現したジオラマ模型も展示してあります。
この下にはなんと坑道も再現されています!
結構な規模だったようです(^^)

w01-1603.jpg

現在はスマートフォンという便利ツールになりましたが、こういった電話機が現役だったのはほんの数十年前。
技術の進歩って凄いね!

この電話は施設内で線が繋がっていてちゃんと使えます。

「これ使えるんですか?」
「使えますよ!」
「試してもいいですか?」
「もしも~し(^^)」
「もしも~し」
3メートルほど離れたもう一台の電話から発せられた、案内のおじさんの声をハッキリと聞く事が出来た。

この日は平日で僕とおじさんの二人しかこの空間いなかったので、素敵な女性の声が聞こえてくることは叶わなかったのである。


w01-1599.jpg

w01-1601.jpg

w01-1602.jpg

w01-1608.jpg

w01-1607.jpg

w01-1604.jpg

インターネットでも色々調べられますが詳しくは是非、現地でお楽しみ下さい(^^)
今度は行く時は跡地の中を案内していただこうと思います☆

遠軽周辺の秋

前回の丸瀬布町も遠軽だけど、そこから紋別に向う途中で見つけた秋の風景です(^^)
朝は霧がかかっていて日が高くなるにつれ空が晴れてきました。

w01-1442.jpg

遠軽の手前で霧の中にうっすら見える秋の森

w01-1449.jpg

遠軽町見晴し牧場からの風景

w01-1443_2013110207095560c.jpg

この時間にはだいぶ霧が晴れてきましたが、いい時にいければ雲海のように見えそうです(^^)

この後納品先の谷藤さん宅へ(^^)
ご主人の本田優一郎さんはギタリスト、奥様の谷藤万喜子さんはフルート奏者
お互い本州の方でも演奏などの仕事をしながら、北海道を中心にホラネロというギターとフルートのデュオとして活動しています。
ご縁があって今年二度目のお仕事をさせていただきました☆

コーヒーとコクワの実を頂きながら遠軽の先の上藻別方面の情報を教えていただいていざ出発☆

オホーツク音楽工房FP
https://www.facebook.com/okhotskmusicfactory


w01-1456.jpg

途中落葉松林もきれいに色付いていました。

w01-1470.jpg

w01-1459.jpg

しばらく走ると、鴻之舞のあたりに。
このあたりを見たくて今回のルートにしました☆
この辺の写真は現地の紹介も含めて別記事にします(^^)

w01-1500.jpg

このあたりは、すっかり葉も落ち晩秋の風景でした

w01-1501.jpg

w01-1504.jpg

w01-1498.jpg

今回のお気に入り山が影になっていて日の当たる部分と影の部分がいい感じです。

w01-1529.jpg

花びらも落ちていました。

w01-1536.jpg

最後はコムケ湖に久しぶりに寄って夕景を撮る事に。

w01-1555-2.jpg

雲の感じが良かったので今回は広角で(^^)

w01-1567.jpg

解りにくいが彩雲も見れました☆
次回もお楽しみに!


山彦の滝と鹿鳴の滝(丸瀬布)

昨日は納品で遠軽へ行ってきました(^^)
せっかくなので、早めに出発して丸瀬布の山彦の滝と鹿鳴の滝を撮影してから遠軽に行くことに☆

朝4時ごろ網走を出発して6時ごろ現地到着。
もちろん誰もいない。
天気も良いしのんびり撮影するかなと思っていた矢先、うっかりしていた事が。
駐車場にヒグマ注意の看板。。鈴を持ってくるのを忘れていました。
腕時計をつけていない事にも気が付いた(笑)

w01-1358.jpg

とは言え、せっかくなので森の中へ(^^)
少し歩くと苔生した岩に落差のある感じのいい川が☆

w01-1367_20131101051616c65.jpg

駐車場から200m山彦の滝に到着☆

w01-1373.jpg

w01-1379.jpg

山彦の滝は滝の裏側に道があって通れるようになっています。
真東を向く滝は珍しく縁起が良いとのことで不動明王が祭られているそうです。
そのおかげか、昨日一日で仕事が4件増えました☆

w01-1377.jpg

w01-1382.jpg

修行をするにも悪くない滝です(笑)

鹿鳴の滝まではさらに500m、遠軽着の約束の時間もあるのでそこそこ撮影して鹿鳴の滝に向かう事に。
はじめてくる場所だったのと、ライブラリ用も兼ねての撮影なので縦横色々撮ってなんだかんだ結構な枚数を撮りました(笑)

鈴を忘れたのに山彦の滝の先を行く林道を通るコースを取ることに☆
しかし、あまり人が行かないのか倒木があったり林道が笹薮で見えなかったり(笑)

w01-1416.jpg

やっとの事で着きました鹿鳴の滝☆
ここまでの疲れも吹き飛びます(^^)

このあたりはエゾシカの生息数が多いそうでシカが水を飲みに来る事から付けられた名前のようです。

w01-1387.jpg

w01-1403.jpg

w01-1413.jpg

個人的にはこっちの滝のほうが好きですかね~(^^)
近いので来る度に両方撮ろうと思います☆

ちなみに鹿鳴の滝は山彦の滝から駐車場に戻って道路を歩いていく事も出来ます。
昨日の時点では林道の状態を考えるとその方が安全で楽です(笑)
鈴もお忘れなく(^^)

それと、山彦の滝は冬期間凍った滝をライトアップしているようです☆


プロフィール

モリシタ ノブアキ

Author:モリシタ ノブアキ
フォトグラファー
北海道網走市で写真事務所を営んでおります。
色々なご縁に恵まれ、いつも楽しくお仕事させていただいております☆

掲載写真の無断使用・転載を禁じます。

Facebook

--OFFCE NMDおしらせページへ--



最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
札幌レンタリース
札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。中長期のレンタカーなら断然格安です
月別アーカイブ
QRコード
QR

Powered by FC2 Blog