スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真日和#04網走はなてんと・大曲湖畔園地

前回の続きが少し残っていましたw

網走に帰って来たものの人に会う約束があってその時間まで少しあったので天都山のはなてんと、大曲湖畔園地に行ってみる事にしました☆

w-9266.jpg

網走に戻る途中で。
この日は厚い雲が多い一日だった。

w-9273.jpg

はなてんと先週の様子。
今週も見頃が続いていると思いますよ~(^^

あまりのんびりしていられないので、縦横数枚撮影してはなてんとを後にしました☆

w-9275.jpg

大曲園地はこの時期はキカラシという菜の花のような花が一面咲いていてまるで春のような花風景を楽しませてくれています(^^

w-9301.jpg

ただ、虫の鳴声がやはり秋なんですよね~w

w-9308.jpg

今週末は生憎の天気ですが、網走で花風景を楽しみながらのドライブなんて素敵な休日はいかがでしょうか(^^

スポンサーサイト

写真日和#03さくらの滝・神の子池

和琴半島を後にして向ったのは清里方面。
さくらの滝は鱒が飛び跳ねている時期ではないのですがとりあえず寄ってみたw

w-9222.jpg

鱒はおろか人も誰も居ませんでしたw

w-9209.jpg

滝の流れを高速シャッターでパシャり☆

ここまで来たらせっかくなので神の子池にも行ってみる事に!

w-9245.jpg

ここには、さすがに観光客がけっこう来ていましたよ~
人の映り込みが無い様に観光客が引けてから撮影を開始☆

w-9248.jpg

神の子池の写真と言えばこの倒木は外せないw
って言うか入るのでどうせなら良い感じに入れたい訳です(^^

w-9256.jpg

普段は撮らない方からも撮っておく。
色が付いて見えるのは一部ですが摩周湖の伏流水が湧き出ているだけあって透明度は高いですよ(^^

w-9264.jpg

最後にちかくを流れる小川で岩に張り付いた落ち葉を長時間露光で撮影しました。
ちょっぴり秋らしいひとコマです(^^

この小川は以前いいちこの撮影をした小川です。

ブログ内記事:瓶を撮る#04「iichiko siruetto」
http://syasingraph.blog105.fc2.com/blog-entry-170.html

この後ようやく網走に帰りました(^^
良い一日でございました☆

写真日和#02和琴半島散策

津別峠を弟子屈側に降りて5分ほど車を走らせると和琴半島に向う交差点がある。
屈斜路湖に突き出た半島はシーズン中、キャンプや釣りを楽しむレジャー客で賑わうスポットです。
半島にはよく整備された散策路も用意されていて、和琴半島を一周することができます(^^

近くに来ると立ち寄る事が多いのですが、今回は久しぶりに散策路を一周してきました☆

w-9121.jpg

半島には屈斜路神社があります。
鳥居が良い感じです(^^

w-9123.jpg

写真を始めた頃、和琴半島に良く通っていて来ると必ず撮っていた木。
少し大きくなっていた(^^

w-9128.jpg

晴れてきた空が映り込んで青く見える湖面

w-9127.jpg

散策路は平坦では無いので良い運動になりますよ~(^^

w-9132.jpg

けっこう幹が太い木が集まって伸びているのですが、いつもとりあえず撮る感じでこれと言ったのが撮れないんですよねw

w-9133.jpg

所々に距離が書いてある案内が立っている、一周2.4km。

w-9159.jpg

この階段がある辺りは傾斜もキツくてけっこう堪えますw

w-9154.jpg

透過光で透ける木の葉と木陰の葉。

w-9166.jpg

黄色い花

w-9175.jpg

苔と小さな葉

w-9179.jpg

ツインタワー?

w-9183.jpg

出口の先には屈斜路湖が広がっています(^^
途中、温泉があったり冬でもコオロギが鳴く暖かい場所があったり見所が多い散策路でした(^^

いつもはカメラバックに2、3本のレンズと三脚を担いでのキツイ散策ですが。。
今回は17-50mmの標準ズーム一本で全て手持ち撮影の、お気楽お散歩写真的な撮影でした☆

和琴半島を後にして向うのは清里方面☆

>>もう少し続きます。


写真日和#01津別峠で雲海を撮る

今日は、朝早くから写真を撮りに出ていました(^^

先ずは美幌峠で星を撮って雲海でもと思って出発しましたが、美幌峠は雲の中w
星空は仕方ないにしても、日の出も逃すと幸先が悪いので津別峠に向う事に☆

w-9042.jpg

津別峠に着くと空が明るくなり始めていて星空の撮影はできなかったものの、雲海は撮影できそうです(^^
僕のほかにも数名の写真家が撮影に来ていました。
お仕事でお世話になっているNさんともバッタリ会っちゃいましたw

w-9082.jpg

今回の雲海は湖が見えていて少なめの規模でしたが、津別峠は10月末で春までの通行止めになってしまうので今年また来れるか解らないしラッキーでしたかね~

w-9089.jpg

ファインダーを覗いていなくても良い場合は、ライブビューで撮影する事が多くなっていますが、お陰でファインダー越しに太陽を直視しなくても良いので撮影が楽になりましたね(^^

w-9093.jpg

木のシルエット

w-9094.jpg

斜面の森と雲海

w-9103.jpg

名峰斜里岳

w-9105.jpg

すっかり明るくなってしまったので津別峠を後にして一路、和琴半島へ☆

>>続く

新しいレンズを買ったよ☆

仕事が増えてくると露出を決める上で、条件が悪いシーンでの撮影も度々入るようになって来ました☆
そういう撮影は望遠レンズの使用頻度も高く、暗めのズームレンズでは高感度撮影を余儀なくされ、その上被写体ブレを防ぐほどのシャッター速度も出ずw当然失敗も多くなるのでカット数も増え最終的にセレクト作業などで余計な時間がかかることとなる訳なんですよ。

なので買いました。
明るめの望遠ズーム☆

SIGMA70-200mm F2.8 APO EX DG OS HSM

w-0017215.jpg

Canonの純正レンズを購入しようか迷いましたがSIGMA製にしました。
値段の差が100.000円となると性能面の比較以前にかなり悩ましい要素となるわけでw
それに、黒いのもカッコイイ☆

性能としてはこの70-200mmF2.8と言うレンズは高性能望遠ズームの定番品みたいなもので、各社最新の設計やテクノロジーを採用してメーカーを代表する製品としての側面も強い事だろうと思います。
わりと新しい製品なら各収差の補正や解像感など問題は無いと思うので、ネットで確認がてら色々見て回った上でポチットやってやりましたよ~

PCの入れ替えなども考えているので撮影機材ばかりにお金を掛けられないんですよねw
なので予算の半分で済んだのは大助かりです☆

そのSIGMA70-200mm F2.8 APO EX DG OS HSM実際の写りの方はと言うとこんな感じです。
いつもより大きくリサイズしていますのでクリックしてみてください(^^
全て手持ち撮影です。

w-8299.jpg

アジサイイの葉

w-8303.jpg

くもの巣にかかった落ち葉

w-8310.jpg

草むらに積まれた古タイヤ

w-8314.jpg

アコースティックギター
最後のギターの写真は200mmの1/30秒で手持ち撮影です。
約4段分の手ブレ補正がきいています(^^

計算すると200mmだと1/25秒からが安心して手持ち撮影できるシャッター速度だが、油断するとブレます。
でもしっかり構えれば問題はなさそう☆

純正品に劣る点は最短撮影距離が若干長いのと、防塵防滴構造じゃないぐらいで蛍石と同等性能をもつFLDガラスを採用し、ニコンのナノクリスタルコート的なスーパーマルチレイヤーコートも採用されている。
いままで安価なズームレンズを使用していたので、超音波モーターの採用はありがたいw
写真を始めてから防塵防滴構造が無くて困った事はないので、今後必要になったら高いほうも買うかもねw

w-0017216.jpg

写真を始めてから交換レンズ色々買いましたが、なんだかんだSIGMA率高いんですよねw
写真に写っていませんが純正レンズは2本しか持っていなかったりw

純正じゃないと性能面や耐久性が云々と言う話は過去の話で、実際7年前ぐらいに購入したズームレンズは相当使い込みましたが特に問題なく使えますよ~(^^

純正レンズの方が明らかに優位なものや、TSEレンズなど、どうしても純正しかないものは高くても買います。
でも仕事なのでクオリティーの他にコストパフォーマンスも大事なわけです(^^

明日、網走でライブの撮影があるので初陣になりそうです☆
プロフィール

モリシタ ノブアキ

Author:モリシタ ノブアキ
フォトグラファー
北海道網走市で写真事務所を営んでおります。
色々なご縁に恵まれ、いつも楽しくお仕事させていただいております☆

掲載写真の無断使用・転載を禁じます。

Facebook

--OFFCE NMDおしらせページへ--



最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
札幌レンタリース
札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。中長期のレンタカーなら断然格安です
月別アーカイブ
QRコード
QR

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。